紫外線は肌の天敵と言われているけど実際の所はどうなのか?

紫外線というのは太陽の光で、地上に届くものです。

いうまでもなく紫外線はメラニンの生成を促すので、お肌にはかなり有害な光です。

紫外線が肌に与える害は計り知れません。

紫外線は本当に危険なのか?

紫外線

⚫️皮膚のコラーゲンやエラスチンを混ぜ合わせることでシワになりやすい
⚫️害がある紫外線から皮膚を守ろうとメラニン色素が働き、シミを作る
⚫️角質層にダメージを与えるために保湿能力が低下してしまい、乾燥肌や敏感肌になります。
⚫️大人ニキビができやすくなって、紫外線にあたる活性酵素と過酸化脂質が発生してニキビが悪化してしまいます。
⚫️紫外線によって皮膚細胞の遺伝子が傷つけられてしまうことによって、皮膚ガンのリスクが高くなってしまう。
⚫️紫外線を肌に浴びることによって、皮膚の免疫を司る「ランゲルハンス細胞」の機能が停止してしまって、ウイルスや最近、アレルギー物質への抵抗が弱くなってしまいます。疲れやすく風邪をひきやすくなってしまいます。

 

日焼けした時に赤く腫れ上がってヒリヒリとしたりします。

皮膚には強い炎症が起こっています。遺伝子が傷つけられてしまって、皮膚ガンを引き起こすリスクもあります。

 

若い頃は皮膚の回復スピードが早いのですが、年齢を重ねるにいつれてシミやシワなどに結びついてしまうのです。

若い頃に浴び続けていた紫外線もシミシワの数の関わってきますので、紫外線にあたることはナンセンスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です