お肌にコラーゲンは必要なのか。

コラーゲンとは?

皆さんはコラーゲンと言う言葉を聞いたことあるかとは思いますが、実際にコラーゲンが何なのか説明できる人は少ないのではないでしょうか?

ここではコラーゲンの軽い解説をしていきたいなと思います。

実は神秘全体の70%を占めるのがコラーゲンです。

新規はほとんどコラーゲンの塊と考えても良いぐらいです。

コラーゲン

コラーゲンの周りにはエラスチンが存在しているのですが、これが重要な役割を果たしています。

紫外線や歳をとった影響でコラーゲンやエラスチンが減ってしまうのが老化の原因となります。例えばシワやたるみといったことですね。

ヒアルロン酸は水をたっぷり含む性質を持っています。

 

そのため真皮の成分は65%もあるのです。

若い時ほどヒアルロン酸が多かったので肌も潤っていましたが、歳をとるとともにヒアルロン酸は減ってしまい、必然的に肌の水分が低下してしまうのです。

コラーゲンが破壊?

コラーゲンエラスチンヒアルロン酸これらすべては歳をとるとともに減少していきます。

これにより肌にハリがなくなってしまい、皮膚のシワの原因となってしまっているんですね。

コラーゲン

コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸は真皮にある線維芽細胞と言う細胞から作られています。

線維芽細胞が働かなくなるために減ってしまうんですね。

いつまでも若々しいお肌を保つためには、日ごろ肌のストレッチなどをしていくことが大切なのです!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です